医薬品(OTC)・健康食品・スキンケア・管理医療機器等の販売 天野商事株式会社

TEL:052-951-2340 FAX:052-951-7954メールフォームでのお問い合わせ

menu

天野cozyのブログ ~コミュニティに根づいた薬局作りのお手伝い&ワンポイント事例~

【コミュニティ(健康サポート)薬局の物販、OTC、健康イベント支援No.1】目の前のお客さんへの働きかけ!

  • 投稿日:

こんにちは、天野です。ようやく厳しい寒さが少し緩みましたね。新型コロナの感染拡大を受け、11都府県で緊急事態宣言が発令されましたが、少しでも効果が出て欲しいものです。

玄関消毒.JPGここにきて、若者の集まりや医療施設等でのクラスターが増えていますが、家庭内感染も増えてきているとのこと。

今日、サラヤの担当者さんからいただいたデータによると、、

◆今も手指用消毒液を店・施設に入る前に利用する人は6割にとどまっており、帰宅後・手洗い後の使用は5割しかない現状!

◆家庭内感染予防対策にも落とし穴があり、、トイレや洗面所では除菌・消毒をしているが、肝心の家の入口である「玄関の感染対策」が不備な家が多い。

◆帰宅後も、先に部屋で着替えてから手洗い・消毒しているケースが多く、帰宅したら真っ先に手洗い・消毒が基本。...「うつらない」「うつさない」で、われわれ医療関係者は、改めてそうした指導をしないといけませんね!

■今日のテーマは、『目の前のお客さんへの働きかけ!』

コロナ禍にあって多くの業種店が逆風下にありますが、そんな中でも売上を積み上げているお店があります。そして、その差は、【目の前の既存客へのアプローチ】にあるとのこと。

DSC_0028ハンドクリーム、リンクルクリーム.JPG「こういう時なので、話しかけづらい」「何も出来ない」

...、という思考に陥りがちですが、既存のお客さんは話したくないわけではありません。

★関心があったり、気になることだったら、聞き耳を立てますし、喜んで試してもいただけます。

★見知っている人からなら、信頼もありますので、反応率も上がりますし、購入単価が上がる傾向も強いです。

こういうことこそ、小回りが効く、フットワークが軽い個人店・中小が取るべき策ではないでしょうか。

目立つ陳列、気になるPOP、笑顔でのワンポイントアドバイスを添えて、目の前のお客さん・患者さんに働きかけましょう!... 満足されれば、リピート購入につながりますし、コロナ禍でも訪店間隔が延びません。

 

令和3年1月14日(第892号)

bnr_pharmacy.gif