医薬品(OTC)・健康食品・スキンケア・管理医療機器等の販売 天野商事株式会社

TEL:052-951-2340 FAX:052-951-7954メールフォームでのお問い合わせ

menu

天野cozyのブログ ~コミュニティに根づいた薬局作りのお手伝い&ワンポイント事例~

【コミュニティ薬局】【三方良し】なくては困る街の健康相談店・処方箋がなくても気軽に寄れる調剤薬局

  • 投稿日:

こんにちは、天野晃治です。昨夜〜今朝にかけて降りましたね〜。名古屋市内でも20センチの積雪です。皆さん、運転にはお気をつけください。

かなり冷え込んでおり年末に向け、風邪関連、冷え性対策、乾燥肌対策、インフルエンザ・ノロウイルス対策など情報発信をしておきたいですね。

さて、アメリカ伝説のマーケッターと言われるジョセフ・シュガーマンの言葉に、「お客が物を買う理由の95%は無意識の決断である!」というものがあります。

即ち、細かい性能の説明で決断するのではなく、もっと感性・感情・五感の部分に重きが置かれている。

「何、これ〜?」、「気になる〜」、「これは自分のことから知れない」、「ちょっと試してみたい」、「これ、欲しい!」という感性・感情。

さあ、師走の第3週も後半。マインドと目線をもっと引き上げていきましょう!

■今日のテーマは、『お客さんに行動してもらうキッカケ作り』 目

上記のシュガーマンは、【いかに見込み客を顧客に転じるか!?】で、

★最も重要なのは、「どれほど小さな買い物であっても、購買決定をこれ以上ないほど簡単なものにしてあげる事」と述べています。

・いかにお店に入りやすくするか?

・いかに商品・サービスに気づいてもらいやすくするか?

・いかに手に取ってもらいやすくするか?

・いかに店員・スタッフに問いかけしやすくするか?

・いかにお試ししやすくするか?

よく言われる、【モノ】ではなく、【人の行動】を中心に考える!…というポイントからするとどうでしょうか?

弊社の【リンクルクリーム】の例ですと、

★薬局や調剤薬局の入り口などのデカPOPに気づいてもらう

(又は、什器横のデカPOPやカラーチラシに   〃    )

      ↓

★店員さんに問い掛けてもらう。話題にしてもらう。

      ↓

★無料サンプルが添付してあるチラシをお渡しする。

(即、購入なさるお客さんも多いです)

【お客さん目線】で行動してもらいやすい様に色々と考えましょう!

2014年12月18日(第297号)

天野商事株式会社   代表取締役 

  

栄ミナミ男声合唱団   所属(幹事)

金城学院大学薬学部 協力会会長 愛知県医薬品卸協同組合 理事

NPO法人健康な脳づくり 会員
bnr_pharmacy.gif